いわて短角牛

-IWATE TANKAKU WAGYU-

いわて短角牛とは

いわて短角和牛

いわて生まれの、いわて育ち。

岩手県は日本短角種の生産が日本一。
年間約1500頭の子牛が生産され、そのうち1300頭が県内で飼育されています。 「いわて短角牛」は生粋のいわて生まれ、いわて育ちです。

おやこで育つ愛情牛。

「いわて短角牛」は、自然交配で生産されています。
冬の間に生まれた子牛は、春から秋にかけて親子で広大な放牧地に放牧され、 その後牛舎で出荷まで愛情をこめて育てられています。

いわて短角牛は暑さ寒さに強い牛で、気象や草地条件などの厳しい自然環境に適応できるよう改良されており、澄んだ空気と水、豊富な牧草に恵まれた広大な草原でのびのびと育てられています。

いわて短角牛のルーツ

いわて短角牛の、ルーツを探る。

その昔、旧南部藩時代に沿岸と内陸を結ぶ”塩の道”の物資輸送に使われていたのが南部牛。 「田舎なれども南部の国は、西も東も金の山」-民謡・南部牛追い唄にうたわれるのはこの南部牛のことです。日本短角種(いわて短角和牛)はこの伝統ある南部牛に明治以降輸入されたショートホーン種を交配、品質改良を重ねた末に誕生し、 昭和32年には日本固有の肉専用種として認定されました。黒毛和種の毛色が真っ黒なのに対し、日本短角種は赤茶色。おなじみ「赤べこ」の愛称で親しまれてきました。おもに岩手や青森・秋田・北海道などで飼育されています。

いわて短角和牛の、ルーツ

いわて短角牛の成長過程

いわて短角牛が大きくなるまで。

母牛と一緒の育成期間は、母乳を主体に牧草と若干の濃厚飼料を与え、肥育期間は飼料の配分を若干変えますが、乾草・サイレージ・稲ワラ・濃厚飼料などをたっぷりと与えます。 育成・肥育期間ともホルモン剤などはいっさい使用せず、できる限り自然のままに、おおらかに-。

いわて短角和牛が大きくなるまで

かみしめる食感と肉の旨さを味わう牛肉です。

噛むほどに美味しさが広がります。

いわて短角牛の肉質は、脂肪分が少ないヘルシーな赤身肉で、とろけるような霜降りとはまったく違う、かみしめる食感と肉の旨さを味わう牛肉です。 赤身が多いから量を食べても飽きがこない旨味が特徴です。

旨さの秘密はアミノ酸

「いわて短角牛」は、脂肪分が少ない赤みの高タンパク牛肉です。 旨味のもととなるアミノ酸をたっぷり含み、噛むほどに美味しさが広がります。

関連資料・動画

「いわて短角牛」を識る【制作者:岩手県(流通課)】

 雄大な牧野での放牧風景等のほか、短角牛肉の魅力、またモモやランプ等の部位の活かし方についてご紹介します。

「短角牛のおいしい食べ方」【制作者:岩手県(県北広域振興局農政部)】

 スライスからステーキまで、ご家庭のフライパンでのおいしい食べ方(焼き方)についてご紹介します。

TOP