新着情報

「いわてモー!モー!プロジェクト2021」について

 令和3年(2021年)は、丑年!岩手には、「うし」にまつわる資源や文化が数多くあります。
そこで、「うし」で岩手を盛り上げながら、各種事業を総合的に展開するプロジェクトを実施します。

プロジェクトを実施する理由

県民気質に通ずる

牛は粘り強さと誠実さ、そして、前進の象徴、努力型の岩手県民の気質に通ずる

高村光太郎の詩「いわての人」

岩手の人 沈深 牛の如し/地を往きて走らず/企てて草卒ならず/つひにその成すべきを成す

畜産県・岩手の象徴である

岩手県は全国有数の産地、「いわて牛」の品質の高さ、オンリーワンの「いわて短角牛」

  • 全国上位の飼養頭数:黒毛和種8位/日本短角種1位/ホルスタイン種4位
岩手のソフトパワーの源の一つである

歴史・文化・観光で深いつながり

  • 南部牛追い歌、南部牛、塩の道、玉山金山の金のべごっこ、小岩井農場 など

キャッチコピー及びロゴマーク

うし年は岩手の年!
岩手から、みんなを元気に!

[説明]
  • 牛のイラストは、いわて牛の商標の使用画像をモチーフとし、堂々とした風格と前に進む姿勢を描き、角や輪郭の赤色で内に秘める強い意志を表現
  • プロジェクト名称の文字は、伝統を醸し出す字体(レトロ調)を採用し、特に、「モー!モー!」は勢いある字体と赤色で強調
  • 背景の黄金色は、岩手県のシンボル色

主な取組内容

モー!っと育てよう/
産地力強化プロジェクト
  • ゲノム評価に優れる県有種雄牛の造成
  • 県有種雄牛の魅力を全国の生産者へPR
  • 全国和牛能力共進会鹿児島大会に向けた生産者の取組支援
モー!っと楽しもう/
交流・体験プロジェクト
  • 東北DC※を契機とした、体験型産地ツアー等開催
  • 旅行会社との連携による、牛関連施設を巡るコース提案(くずまき高原牧場、小岩井農場、牛の博物館など)
  • 「塩の道」「闘牛大会」等との連携によるフードツーリズムの促進

※東北デスティネーションキャンペーン(2021.4.1~9.30)

モー!っと食べよう/
消費拡大プロジェクト
  • 民間企業との連携による、全国的な乳製品イベント開催
  • トップセールスや有名シェフとの連携等によるPRの実施
  • 民間企業との協働による、いわて牛商品開発や販売支援
  • いわて牛取扱推奨店との協働によるフェア開催
  • 県内小中学校を対象とした「いわて牛・いわて短角牛学校給食の日」実施
モー!っと発信しよう/
ブランド化プロジェクト
  • アジア・北米・豪州等に向けた、いわて牛PR
  • 県内外百貨店におけるいわて牛や県産品のPR
  • 県内スポーツプロチームとの協働による、いわて牛等のPRや牛肉・乳製品販売
  • 公式サイトの開設
  • 応援ソング制作・配信、オリジナルピンバッチ等PRグッズ制作

「いわてモー!モー!プロジェクト2021」(令和3年1月7日 岩手県知事記者会見配布資料PDF)

いわて牛普及推進協議会

岩手県盛岡市内丸10-1 
岩手県農林水産部流通課内
tel.019-629-5735 fax.019-623-0201

  • お知らせ
  • いわて牛
  • いわて短角牛
  • 取扱い推奨店
  • レシピ集
  • リンク集
  • お問い合わせ
TOP